2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  スポンサー広告  |  Top↑

2012.06.21 (Thu)

アマミフウラン

元々1株持っていて、今年のらん展で買い足したので2株になりました。
大型で、花期は普通のフウランよりも約1ヶ月遅くなります……が。

朱天王と同じく出窓に置きっぱなしにしていたら、これも咲き始めてしまいました(^^;)

奄美風蘭 120621

やはり夕方から夜にかけての香りが強く、
寝室に置いていると離れていてもふわっと感じられることがあるほどです。

すでに日差しがとても強い季節、いきなり外に放り出すわけにもいきませんので、
秋になるまではこのまま室内管理ですかね~(´_`;)
それか直射日光を避けられる玄関前のポーチにでも出してしまおうか……
スポンサーサイト
EDIT  |  その他の植物  |  TB(0)  |  CM(0)  |  Top↑

2012.05.28 (Mon)

富貴蘭 「朱天王」

今年の「世界らん展日本大賞」での戦利品。
そういえば行ったのに何も記事を書かなかったんですね……あららら。
いずれにせよ今年はあまり写真を沢山撮ることは出来なかったのですが。
行ったのは最終日だったので、とっても安く手に入れることができました。

ずっと室内の東向きの出窓に置きっぱなしにしていたら、もう咲いてしまいました。
(購入は2月で、その後外に出すタイミングをなんとなく逸してしまって未だそのままに……(^^;))
しかしいくら安くて丈夫だからといっても、我ながらひどい扱いだ。

Neof. falcata 'Shutennou'

今年は2輪だけのようです。
しかし結構赤みが強く乗っていて、しかも絶妙なグラデーション。
なかなか良い色ではありませんか(*゚▽゚*)

夕方になると甘~い香りが漂ってくるのは他のフウランと同じです。
EDIT  |  その他の植物  |  CM(0)  |  Top↑

2012.04.01 (Sun)

ちょっと変? なニオイスミレ

1月に植えたニオイスミレはまだ株もそれほど大きくなっていないので、
咲いたお花は来年まとめてアップしようかと思っていたのですが……

「ベッキー・グローブス」が何か変な事に?

Viola odorata 'Becky Groves'

花弁7枚の半八重咲きのような姿で咲いていました。
こんな形になったのはこの1輪だけで、勿論普段は普通の花です↓

Viola odorata 'Becky Groves'

この花型で咲いた部分を固定できればオリジナルのスミレが出来そうな気もしますが、
まぁそんなことは絶対ありえないだろうなー(笑) でもちょっと面白かったので。
EDIT  |  その他の植物  |  CM(0)  |  Top↑

2012.03.21 (Wed)

ニオイスミレたち

すっかり記事を上げたつもりになっていましたが、まだ何も書いてなかったんですね(^^;)
今年1月に何故か衝動的に欲しくなり、6種類を購入したのです。

到着後の様子はこんな感じで (2.5号ポリポット植え)
Viola odorata 120121

今はこうなっております (5号プラ鉢に植え替えました)
Viola odorata 120321

品種と特徴は以下の通り。
 ・Becky Groves ピンク~淡ピンク
 ・Charles William Groves 渋い桃紫
 ・Columbine ラベンダーブルー
 ・Lydia Groves シュガーピンク
 ・Mrs. R. Barton 白地に淡紫の斑点
 ・Pamela Zambra 濃紫

強光は苦手なようなので、薔薇が咲き始める頃には東側のベランダに移そうと思います。
クリスマスローズをもう少し増やしたかったけれどそれは諦めよう。うん(vv;)

そして多年草としては寿命が短いという事を忘れないようにしておこう。
(昔育てていたときにはそれを知らなかったので、増えた子孫をみんな人にあげてしまい、
 自分は株の更新をせずにいたので手持ちが全滅……という失敗の経験があります)
EDIT  |  その他の植物  |  CM(0)  |  Top↑

2010.06.30 (Wed)

カトレア(カトリアンセ) チェリーソング (Ctt. Cherry Song)

個体名もついていますが、一応ここでは伏せさせてくださいませ(^^;)
今年の冬に入手したものです。
草丈は20センチもありませんので、ミニカトレアと言ってよいサイズだと思います。

私は蘭に関しては万年初心者なので、本を見ながらなんとかやっているという状態です。
(何か聞かれたら困るので今のうちに断っておこう……蘭を見に来てくださる方が結構多いみたいなので(vv;))
前回記事を上げたフウランなんて元々日本の野草だし、
シンビだって我が家程度の温度があれば一年中ベランダで平気で生きていられるし。
ただカトレア類だけはそれなりに手をかけないとダメっぽいです。随分前に一度失敗してます(T-T)

それでもまぁどうにか何とか無事に蕾がつき、花が咲きました。
澄んだピンク色がなんとも美しいです。

Ctt. Cherry Song 2010

実物はもう少し色が淡い印象です。天気が良くないので写り方が変なんでしょうか(´_`;)

この蘭は午前中の香りが強いようです。
開花したばかりの頃は粉っぽいような妙な匂いしか感じられなかったのですが、
しばらく経ってから石鹸のような香りが出てきました。
EDIT  |  その他の植物  |  CM(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。